フランスの競馬

 フランスは、パートTに位置づけられた競馬開催国です。フランス調教馬が主体の競馬ですが、ステークス競走ではドイツやイギリス、アイルランドからの参戦馬も多く見られます。

開催状況

 2015年は、平地4,571競走(うちグレード競走113)が施行され、8,986頭の競走馬が出走しました。

競走馬の生産

 フランスは、世界第6位の競走馬生産国です(2015年)。2015年は、4,671頭が生産されています。イギリスの4,569頭とほぼ同じで、ヨーロッパの主要競走馬生産国の地位を占めています。

主要競馬場
  • ロンシャン競馬場(G1競走を多数開催:凱旋門賞など)
  • シャンティイ競馬場(G1競走を多数開催:ジョッキークラブ賞(フランスダービー)など)
  • サンクルー競馬場(G1競走を開催:サンクルー大賞典など)
  • ドーヴィル競馬場(G1競走を開催:ジャックルマロワ賞など)
  • メゾンラフィット競馬場(G2競走を開催:ユジェーヌアダム賞など)
  • ヴィシー競馬場(G3競走ヴィシー大賞典を開催)
  • トゥールーズ競馬場(G3競走フィユドレール賞を開催)
  • リヨンパリイー競馬場(G3競走アンドレバボワン賞を開催)



  • 2017 世界の競馬