ワヤステークス

Waya Stakes
アメリカ、サラトガ競馬場で施行されている古馬牝馬による芝12ハロン(約2400メートル)の競走。

沿革

 現在のワヤステークスは、2009年からサラトガ競馬場の古馬による牝馬限定の芝12ハロン(約2400メートル)のステークス競走として施行されており、2011年からリステッド競走、2015年からG3(Grade 3)競走に格付けされている。

 2018年は、ダート10ハロン(約2000メートル)に馬場を変更し、4頭立てのリステッド競走として施行され、ハットトリック産駒のTricky Escape(トリッキーエスケープ)が優勝した。

 2016年は、チリ産のシーキングザダイヤ産駒Guapaza(グァパサ)が優勝した。Guapazaは、チリのG2を2勝するなど17戦6勝の実績を持ってアメリカのチャド・ブラウン厩舎に移籍し、5戦目となる本競走で北米グレード競走の唯一の勝利を挙げた。

 レース名は、1979年にベルデイムステークスやトップフライトハンデキャップなどG1 3勝を挙げてエクリプス賞最優秀古牝馬を受賞したWaya(ワヤ。1974年生まれ。父:Faraway Son、母:War Path、母の父:Blue Prince)に由来する。


過去の競走結果